文系の特性をITに活かす

理系に固執する必要はないんだ

必要に迫られるとプログラミングが身に付く

サイトのデザインをするためにホームページ制作会社に入社した文系の人でも、会社の方針でプログラミング言語を学ばないといけなくなる場合があります。最初からプログラミングが難しいと思うと、やりたくないという気持ちが強くなるせいで身に付けるための時間が多くかかってしまうデメリットが出てくるのです。
コードを書くことは特別に難しいことではなく、実は意外と楽しくできるものです。スムーズに学習するためにはマイナスな先入観を捨てるべきです。しっかりコードを書けるスキルを身につけるために一番いい方法とは、多くのコードを書き続けて慣れることです。小さなシステムを実際に作ってみることで、慣れる時間を短縮できます。コードを書けるようになることは、海外の言語を覚えることと似ているので意外と文系の人に向く仕事なのです。
自分では苦手だと思っていた仕事でも、慣れたら自分に向いていることに気付く場合も多いです。また、仕事でコードを書く必要に迫られる状況に身を置くことで、自然とコードを書くスキルを上げることができます。ただ、英語を覚えることと同じように、難しい部分があって覚えることにつまづかないように、使い方のアドバイスをしてくれる指導者や、分かりやすい書籍を見つけることが必要です。早く覚えるためには、社会人でも短期間で覚えることができる講座をを利用したり、マッチングサイトで使い方を教えてくれるプログラマーを探すと良いでしょう。

コメントを残す

Required fields are marked *.